交通事故に遭わないために

  道路を利用する以上、誰にでも交通事故の危険性があります。

  次のことに注意して、交通事故のリスクを減らしましょう。
◆ 道路を歩くときは

 その1 横断前と横断中の安全確認必ず止まって
    左右の確認、横断中も車が来ないか再確認
 その2 歩行者は右側通行、車に背を向けない、
    道路を横断するときは横断歩道を渡る
 その3 夜間は明るい服装・夜光反射材、夜間の
    外出時は明るい服装・夜光反射材の活用、
    車の運転手等周囲に自分の存在を知らせる

◆ 自転車に乗るときは

 その1 自転車は車両の仲間道路は左側通行見通
    しの悪い所でしっかり停止左右確認をする
 その2 急に進路変更しない、一旦自転車を安全
    に停止自転車停止後にじっくり左右・後方
    の確認をする
 その3 夜間のライト点灯・夜光反射材の活用、
    夜間は必ずライト点灯夜光反射材等積極
    的に活用する


◆ に乗るときは

 その1 一時停止の交差点でしっかり停止見通し
    の悪い交差点では一時停止歩行者・自転車
    等がいないか確認する
 その2 シートベルト・チャイルドシートの着用
    全席でのシートベルト着用
     6歳未満の子どもを乗せるときは必ずチ
    ャイルドシートを着用させる
 その3 横断歩道は歩行者優先、夜間の外出時は
    明るい服装・夜光反射材の活用、標識・表
    示があるところでは減速する等横断者がい
    ないか確認する

新潟中安全運転管理者協会
令和3年安全管理年間スローガン  
         
職場から 地域につなぐ 無事故の輪